忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/25 22:43 】 |
小岩美容室 いつでも子育てほっとライン:育児の悩み全国から 県専用電話に年2200件

県民無料に--公設唯一
 県が10年度に始めた24時間体制の「いつでも子育てほっとライン」の利用が2月末現在で2274件と頼りにされている。全国的にも同種のサービスはなく、神奈川県(27件=昨年12月末現在)など県外からも相談(計59件=同)が多数寄せられている。4月から県内限定ながらフリーダイヤルも用意。県外相談は従来回線で引き続き対応している。
 虐待に関するホットラインは本県はじめ全国的に多いが、県は「子育ての悩みを解決することが、虐待の予防にもつながる」として10年度にラインをリニューアル。その結果、利用は09年度の2倍に伸びた。県外利用も15都道府県に達する。
 保育士や幼稚園教諭などの経験者10人が1~3人ずつ、県こども・女性相談支援センターに24時間常駐。「子どもの言う通りにしても、泣いたり怒ったり、わけがわからない」「夫が育児に協力しない」などの悩みに耳を傾けている。
 子ども子育て支援課は「相談員は子育て経験が豊か。相談相手として気軽に電話してほしい」としている。従来回線は097・545・0110。ホットラインは0120・462・110。
 県は更に今年度、約1割いる1歳半の健康検診未受診世帯の戸別訪問を始めた。未受診には何らかの家庭的背景があるとみて、県内約300人の主任児童委員が粘り強く訪れ、問題が見つかれば市町村につなぎ、継続的に見守る。親が精神的な問題を抱えることもあるため、竹田、宇佐、由布をモデル市とし、訪問看護ステーションを通じた支援も始めた。【梅山崇】



PR
【2011/04/19 00:43 】 | 小岩美容室 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<小岩美容室 シルク 天安門広場で“美”伝えたい! | ホーム |
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム |